中本一哉建築設計事務所
タイトル:牡蠣祝
場所:廿日市市宮島町
用途:牡蠣専門料理店、パーティー会
コンセプト:宮島の小高い丘の上にある牡蠣専門料理店、パーティー会場。 計画は、昭和30年に建てられた事務所付住居からの、用途変更及び大規模な模様替え。 既存建物は木造平屋建て、門を備えた和風建築。 牡蠣祝の牡蠣料理は、シンプルな調理法で牡蠣の旨みを最大限に引き出す。 建築も既存の建築をシンプルな手法で建築の良さを最大限に引き出せるよう試みた。 この建築の旨みは、なんといっても宮島の町家を通し 瀬戸内海が望め、前方の丘には、五重塔、千畳閣があるロケーション。 したがって、この風景を味わえる空間造りに専念した。 良い景観側にL字型に開けていた既存建物の入り隅部分にテラスを設け、孤立していた両側の空間を結ぶことによって良い景観側に空間の方向性を生んだ。外部空間のテラスと内部空間のダイニングは引き戸で間仕切り、全開放することによって外部と内部の境界をなくし、景観を建物に取り込めるようにした。 これを、更に促せるようテラスとダイニングの床レベル、仕上げを同一のものとした。また、テラスと宮島の風景の境界をなくすため塀を取り払った。 内部に使われる仕上げ材や建具は、できるだけ既存のものをリメイクし、既存建物の旨みを閉じ込めた。
Home | News&Blog | Works
Copyright 2005-2009 Kazuya Nakamoto Architect & Associates.All Rights Reserved.