中本一哉建築設計事務所
タイトル:牡蠣屋
場所:広島県廿日市市宮島町539
用途:牡蠣専門料理店
コンセプト:宮島の商店街に位置する牡蠣専門料理店(オイスターレストラン)の改装。
周辺の景観に溶け込み なおかつ、モダンなデザインが要求された。
ファサードは木製縦格子と7枚の引き戸により構成しシンプルなものとした。
7枚の引き戸はフルオープンにでき、歩行客をエントランスのバー及び、カキ焼きグリルに引き込みやすいよう配慮し、エントランスが商店街と店舗のニュートラルゾーンとなるよう試みた。
また エントランスは、吹き抜けにより2階席につながり、2階席と吹き抜けは再び7枚の引き戸により空間を融合したり、分断したりする。
店舗の中央付近には吹き抜け、天窓を設置し、長屋の中央に自然光を確保した。
それらの吹き抜け・天窓は、エントランスのバー、座敷のある1階奥のダイニング、カジュアルな雰囲気の2階手前ダイニング、落ち着いた雰囲気の2階奥のダイニングら、それぞれ違う雰囲気を持つ空間を緩衝体としつなぎまた、分離する。

牡蠣屋 HP:http://www.kaki-ya.jp/
Home | News&Blog | Works
Copyright 2005-2009 Kazuya Nakamoto Architect & Associates.All Rights Reserved.